ジョセフィン ベイカー。 アール・デコと大衆文化の時代

立ち上がる黒きヴィーナス

のにて 1943年 また、建築家のは、1928年にベイカーのために白黒のの正面玄関を持つ家を設計したが、それは実際に建築するまでには至らなかった。 aka Siren of the Tropics• 「『エピデミック・ファイター』と呼ばれていました」とソーパーは後に記している。 またここでもアラブ系の人等が、白人によって黒塗りで演じられてたりするんですよね。 ソーパーが調査を開始した1906年、ニューヨークでは腸チフスの死者が639人報告されている。 アール・デコと大衆文化の時代 1925年 - ジョセフィン・ベイカーとアール・デコの設計者たち - <パリ万国博覧会とアールデコ> この年、パリで1900年以来25年ぶりの万国博覧会が行われました。

Next

孤児たちの城~ジョセフィン・ベーカーと囚われた13人

アフリカ系アメリカ人として生まれた彼女は、肌の色が黒いがために母国のショー・ビジネス界から拒絶されながら、歌手・ダンサー・映画女優としてヨーロッパで絶大な支持を得た。 Josephine Baker / ジョセフィン・ベイカー1906年アメリカ・セントルイス生まれ。 白人文化の中でアフリカの部族や黒人の狂ったような踊りを「見世物」にした。 1人目の感染者が出る3週間前、マローンはこの家にやって来ていた。 そして、その交流の中心となったのが「動くアール・デコ」ともいえる巨大豪華客船でした。

Next

ジョセフィン

その後は女優としても活躍し、多数の映画作品に出演するとともに、自身の経験を生かし、米国公民権運動の支持者として活躍した第一人者。 そして冒頭に引用した彼女に対する「人買い」「売名」批判も、 同じく現在の立場でみると的をえているといえなくもないですね そんな感想もつこと自体、恵まれた時代の恵まれた国に生まれた幸運の証左なのでしょう・・・。 最初は鋳物工場の職人ウィリー・ウェルズ(1919年結婚し、離婚)、列車のポーター、ウィリアム・ハワード・ベーカー(1921年結婚し、離婚)、ジュゼッペ・ペピート・アバチーノ(1926年結婚、一種の宣伝行為、法的には拘束力なし)、フランスの製糖業界の大物ジャン・リヨン(1937年 - 1940年)、フランスのバンドリーダー、ジョー・ブイヨン(1947年結婚、1957年別居、そのまま離婚)、そしてアメリカ人のアーティスト、ロバート・ブラッドレー(1928年 - 1986年、結婚したのは1973年、ただし法的拘束力のないもの、1974年に別れている)の6人である。 本文中に往年の記事も引用されていますが、 ジョセフィンに対する讃辞はまさに聖母にむけてのそれ で、事実の冷静な報道でもなければ分析や批判精神のカケラもなく、 今日の視点で読めば礼賛過剰で気分が悪くなるほどです 苦笑 ・・・。 有名なエリザベス・サンダースホームの創始者・とジョセフィンの交流は 戦前にさかのぼり、戦後の初めての来日公演でジョセフィンは収益をそっくりホームに 寄付して、共鳴する澤田女史の事業に貢献します。 その子をひきとろうとする欧米の養親、それも有名人ともなれば 浮足立ってますます反動としての欧米礼賛に拍車がかかる、 戦後日本の悲しくもこっけいな一側面・・・。 理想と現実のギャップが最も大きくなったのは、1917年にイーストセントルイスが人種暴動で修羅場と化し、ボックスカー・タウンにある一家の家が完全に破壊されたときだっただろう。

Next

孤児たちの城~ジョセフィン・ベーカーと囚われた13人

私生活 [ ] ベーカーは、6度の結婚を経験している。 その葬儀は国葬として執り行われ、2万人もの人々が参列した。 そのお礼の意味でジョセフィンは1954年初めて来日し全国各地をチャリティーショーで回りその収益を、エリザベス・サンダース・ホームに寄付しています。 ビストロや最後のステージでのジョセフィン・ベイカーのイキイキした魅力的な姿というのは、どこの国でも「王妃」の称号にふさわしく美しく素敵に映った事だと思う。 ただし金と銀の使い方は控えめで、金属でいうと光沢のあるジュラルミンやアルミニウム、それにコンクリートを覆う陶器製のタイルもまた重要な存在でした。 さらに、アメリカ聖公会本部からは援助打ち切りの通告を受けた。

Next

孤児たちの城~ジョセフィン・ベーカーと囚われた13人

1954年4月、彼女は約束通り、来日。 ポール・ポワレやの登場により、ファッション業界は大きな転換点を迎え、街には先端のファッションに身をつつむギャルソンヌたちの姿が目立つようになり始めました。 南海の女王... 彼女はフランスで最も愛されたアメリカ人だったと言えるだろう。 映画作品としては平凡な異国情緒ロマンスながら、ジョセフィンのパフォーマンスだけでも見る価値のある一本。 原著: Phyllis Rose, Jazz Cleopatra: Josephine Baker in Her Time, Doubleday, September 27, 1989, , Paperback: Vintage, January 2, 1991, 0679731334• これが批評的にも興行的にも成功を収め、いよいよ満を持してのハリウッド復帰。 新潮45連載中はこの作品を読むのが楽しみで ワクワクしながら読んだものだ・・・でも、3話ぐらいまで読んだ後、 そもそもその雑誌を買わなくなったので、その後の話がずーと気になっていました 連載を読んだ人でも大きく構成を変えてあるので読めると思いますが、ワクワク感はありません。

Next

孤児たちの城~ジョセフィン・ベーカーと囚われた13人

で、トランプの祖先は? 今日テーマで取り上げるジョセフィン・ベーカーは、その逆でアメリカからフランスに逃げるように渡って成功した黒人女性だ。 ジョセフィン自身、なんら教育をうけず天性の才能のみをよりどころに 生きてきた人ですから、いきなり理想的なお母さんになること自体 無理があったであろうと思われます。 どんなに荒れ果てて廃墟のようになっていても、そこで暮らしていた記憶とともに望郷の念はあるだろう。 ニューヨークのプランテーション・クラブに出演した後、1925年10月2日、パリのシャンゼリゼ劇場に出ていた「レビュー・ネグロ(黒人レビュー)」に加わることになる。 10代半ばで一度結婚したが、すぐに離婚して旅回りの芸人一座に加わる。 La Revue des revues 1927... (参考記事: ) ソーパーのこの発見は、無自覚な保菌者がいかにして感染症の発生源になるかを実証した。

Next

ジョセフィン・ベイカーってどんな人?

ヨーロッパを席巻したスーパー・スター。 どちらも今振り返って見て初めて、「あの作品はアール・ヌーヴォーといえる」とか「時代は違うが、これも意匠的にアール・デコの建物だ」とかいうようになったのです。 既に女としての盛りも過ぎ、女優生命も絶たれたアンナ・メイは酒とタバコに溺れるようになり、私生活は荒れ果てていった。 その他のキャストやスタッフの面々から見ても、この作品が当時のジョセフィン人気にあやかって即席で作られた低予算映画であった事が分る。 この博覧会は本当は1915年に開催されるはずが第一次世界大戦のために延期されたものでした。 日本にもゆかりのジョセフィン 日本にも多くのファンを持つジョセフィンですが、元駐米大使夫人で戦後混血狐児の養育施設(エリザベス・サンダース・ホーム)の創設者でもある故澤田美喜さんは、祖国アメリカで人種差別を受け、ホテルに泊めてもらえないジョセフィンをご白分の家に泊めていました。

Next