鬼滅の刃 ネタバレ 160。 最新ネタバレ『鬼滅の刃』180

鬼滅の刃のネタバレ160話&感想!母の記憶と奇跡の巡り合わせ

自分を「宝物」だと言い抱きしめる母は、確かに「幸せ」だと言っていました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」170話より引用 上弦の壱「喪失を…嘆いている…痣の者は例外なく…25の歳を迎える前に死ぬのだ」 悲鳴嶼は何の感情も表さないが、鎖をさらに高速回転させています。 ・・・ 第160話は以上となります。 猗窩座のように違うものへと変わることすらなく崩れ去ったというにはふさわしい最期だと思います。 と言いながら猪の被り物をくるくる回して笑っている童磨。 伊之助は、今一度否定しました。 「お願いだから落ち着いて」と渇を入れるカナヲ。

Next

鬼滅の刃160話のネタバレ感想まとめ!伊之助の過去・・・童磨との関係は!?

。 伊之助は「地獄を見せてやる!!」と叫ぶと刀を構えるのでした。 童磨は母親は喰わずに、寿命まで傍に置いておこうと思っていました。 で申し訳それは全員がもう知っていたのです。 お母さんの顔をはっきり思い出した伊之助は、昔会ったことがあると思っていたのは、しのぶじゃなかった、と気がつきます。

Next

鬼滅の刃160話のネタバレ感想まとめ!伊之助の過去・・・童磨との関係は!?

俺は君を知ってると言い張る童磨に怒り心頭の伊之助。 伊之助のお母さんは頭が良くなかったけど、美しかったし歌が上手で君を抱いてよく歌ってたと言う童磨。 その場に居合わせて皆様に同じ柄の「ポストカード」がプレゼントされます! — ufotable ufotable 伊之助と童磨の因縁がはっきりしました。 琴葉の人生には伊之助しかおらず・・・ 伊之助は琴葉の〝生き甲斐〟 イヤ、命そのものなのだ!! だから・・・ 伊之助が目の前で殺されるのを見るくらいなら 僅かの可能性に賭けて 崖下へと投げることを選択したのだ。 神に弟を連れて行かないでと懇願するも、実弥の目の前で 玄弥は完全に消滅します。 俺は君を知ってる」 確信をもってそう告げる童磨ですが、伊之助はむしろしのぶの方に覚えがあるようです。

Next

【鬼滅の刃】163話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想やポイント!

明るく強烈な感じを表わすもので、まさに太陽を思わせる漢字です。 彼はその後何とか生き残ります。 個人的に伊之助の母である琴葉としのぶの柔らかな笑顔は似ていて、伊之助がしのぶに既視感を感じていたのはそのせいではないかと思いました。 そのポイントを使ってすぐに漫画を無料で読むことができます。 家に戻っても旦那に殴られるし、一人じゃ何もできず野垂れ死ぬだろうから骨まで残さず食べてあげたと語る童磨。 カナヲと伊之助にはぜひ仇を討って欲しいです。 そして女性でありながらも、非道な夫や姑に耐え、赤ん坊の伊之助を守ろうとする芯の強さも兼ね備えています。

Next

鬼滅の刃170ネタバレ!不死川実弥痣発現!悲鳴嶼連携で黒死牟を本気に!!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

せめて死んだ後には地獄に行くと思わなければ、真面目に生きている者たちはやっていられないのです。 というか今思うと、堕姫だって醜悪なものは喰べないとか言ってたし割と許されてるよな……。 自分の付けていたカナエの形見は戦闘中に羽が砕けてしまったのです。 しかし 「天国と地獄は存在しない」伊之助が間違った事を覚えていると言います。 鬼である童磨の考えなど、理解できるはずもありません。

Next

鬼滅の刃 ネタバレ最新161話の感想!「羽ばたきの時間」

来週がメチャクチャ気がかりです。 赤ん坊の自分を抱く女性の歌い声と温かい言葉。 「 不幸だよねぇ琴葉。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」180話より引用 珠世は涙を流して夫と子供をかえせと言いますが、ならばすぐ死んでしまえと、次の瞬間頭を握りつぶしてしまいました。 獣の呼吸、拾の牙「円転旋牙」で応戦する伊之助。 彼は自身が真面目で、記憶力も良いほうだと話しました。 最後は童磨の本性に気づいて殺されてしまいましたが、旦那の暴力からも逃げられて伊之助と二人、ひとときでも幸せな時ができて良かったのかも知れません。

Next

鬼滅の刃 第160話「重なる面影・蘇る記憶」感想・考察

童磨とも因縁が! お前は今日必ず地獄に堕ちる・・・と、怒りの表情で言いますが無惨は意に介さず。 「あーこれだこれだ 十五年前かな わりと最近だね」と言います。 同期組の中で十二鬼月との戦闘がない不死川玄弥の出番はそろそろ来ると思います。 琴葉のことを「何の意味もない人生だった」と煽る童磨に対し、今までとは比べ物にならないほどの怒りを見せる伊之助。 」と言って伊之助の体を攻撃します。 しかし童磨が信者を喰っている事を知った母親は逃げ出します。 ぐるん、と同磨の視界が回ります。

Next