ご教授いただけますと幸いです。。 「ご教示/ご教授ください」の意味や使い方!違いや使い分け・誤用例文

「ご教示いただけますでしょうか」の意味と使い方・敬語|メール

まだ起こっていない事柄を仮定し、それを条件として表す言い方です。 そのため例文のように「ご教授願います」よりも丁寧な表現が望ましいです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 お願いというより、命令している? 「ご指導ください」「お電話ください」「指導してください」「電話をしてください」、これは前2つと後ろ2つでどちらも同じことを言っていますが若干ニュアンスが違うように感じませんか。 「ご教授賜る」は専門知識を教えてもらいたい時に使う 「ご教授賜る」は、長期間にわたり専門知識を教えてもらいたいときに使える、あらたまった表現です。

Next

「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の意味と違い、使い方とは?

「ご教示願います」は、 「願います」が「願う」という言葉の丁寧語であり敬語ではないという点で、あまり印象がよくない言い回しとなるという点があげられます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 何卒よろしくお願い申し上げます。 ビジネスにおいても、よく使われます。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。

Next

「ご教授」「ご教示」「ご指導」「ご指南」の意味と違い、使い方とは?

そしてこの「ご教授ください」に似た表現として後々登場する「ご教示ください」というものもありますが、こちらは後々紹介いたします。 ひとつひとつの意味を理解し、状況に応じて使い分けることが大切です。 さて、来る10月3日に弊社の創立30周年記念パーティーを開催することとなりました。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示いただけますと幸いです。 口頭で使用するにはやや堅苦しい印象を与えてしまいます。 この格子1つ1つが ドットにあたります。 何卒よろしくお願い申し上げます。

Next

「ご教示いただけますと幸いです」意味と使い方・メール例文

」 用例3:対等な人にメールでお願いする場合 こちらもよくあるケースで、自分と対等の立場にある人にメールでお願いをする場合にも「いただけると幸いです」はよく使われます。 」 このように上司に対して使います。 便利な表現を多く学び、自信を持って使えるようにしましょう。 「いただく」は 「お…いただく」や「御(ご)…いただく」の形で使う場合 『他人にその動作や行為をしてもらう』という意味になります。 例文「ご教授のほどお願い申し上げます」• もし気心の知れた同僚相手に送るメールであったとしても、ビジネス上では丁寧に「ご教示願います」を使うのがマナーです。 デジタル画像を構成する最小の要素とは、 色情報のことです。

Next

「ご教授ください」と「ご教示ください」

例文 たとえば、• そもそも敬語の種類は大きく分けて三種類あります。 一体どちらが正しいのか、迷ったことのあるビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。 」というものも存在しています。 以降の説明では、を使っていきます。 使い方として「ご示唆」そのものは目上の人に使えるものの、「ご示唆ください」と直接言うと不自然に思われる可能性があります。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。

Next

「ご教示願います」の意味と使い方・「ご教授願います」との違い

そこで活躍するのが「ご教授 のほど~」です。 この場合の「いただく」は、「〜をすることができる」という意味の 「できる」という意味の謙譲語になります。 "も問題ありませんが、より改まった丁寧な表現では、"give me your thoughts"を使ってみましょう。 用例その2:贈り物をした場合 こちらはビジネスではなく私的な関係において使う例です。 「指南」は「 武術・芸能などを教え示すこと」を意味していて、「剣道を指南する」「将棋のご指南願います」といったように使います。 ビジネスの場において教えを請う表現は「ご教示」 「ご教授賜る」はビジネスの場においては適切でないことが多いと説明しました。

Next

ご教授いただければ幸いです・ご教授くださいの意味/使い方/英語

【目上の人に対する「ご教示ください」の例文】 「明日の打ち合わせの時間について、ご存知でしたらご教示くださいますと幸いです。 上司など社内の目上はもちろんのこと、社外取引先にもつかえる素晴らしく丁寧な敬語です。 ではどのような表現があるのか見ていきましょう。 例えば、柔道や剣道、囲碁や将棋、茶道や華道や舞踊などで使用されます。 「ご教示ください」と言われて命令されたと感じる人はいないでしょうが、いずれにしても「ください」はいくら丁寧語とはいえ命令形となりますので、取引先や目上の方に使うのは避けましょう。 先生、会社の上司、会社の取引先といった自分よりも目上の立場に存在する相手に対して使うのがいいでしょう。

Next